よくあるご質問

よくあるご質問

BRS工法の導入や施工について

Q. 何を納品してくれるんですか?
A. ベタ基礎用の外周立上りユニット、内部立上りユニット、布基礎用の立上りユニット、ユニットをつなぐジョイント筋(直線筋、L曲げ筋)、スラブ筋(端部L曲げ加工あり)その他、補強筋など鉄筋工事に必要な鉄筋は全て加工して納品可能でし。ご要望に応じて必要な副資材の納品も可能です。(取扱いの有無は要確認)
Q. どのくらいで組み上がりますか?
A. 基礎形状、建物形状にもよりますが、基礎面積20坪程度であれば施工に慣れれば2人で1.5日で組み上げることができます。
Q. 鉄筋は溶接して良いのですか?
A. RC造の世界では、鉄筋を溶接することはタブーとされております。柱用の鉄筋を機械式継手(圧接)で継ぐことはOK。住宅基礎のシングル配筋に限り所定の溶接性能を満たす検証試験を実施し適正な評価を得る必要があります。評価機関である日本建築センターにより認められれば評定を取得することが可能です。BRS工法は組立鉄筋Aタイプの評定を取得しており、その溶接方法により溶接したユニット、そのユニットを組み上げるシステムが整っております。組立鉄筋のタイプ(日本建築センター評価方法抜粋)Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ
Q. 何で基礎には鉄筋が入っているのですか?
A. 昭和56年の建築基準法改正でこれまで無筋でよかったですが、有筋とすることが義務化されました。鉄筋コンクリート(RC)構造は複筋梁でコンクリートを拘束する、適正なあばら筋量が入っていることが条件となります。では、住宅基礎を見てみましょう。基礎の立上り部分のコンクリートの幅は土台が乗る程度の幅しかありません。150mm、180mmが基本でしょう。(建築基準法上は120mm以上)この幅の中で複筋を形成するのは難しく多くがシングル筋となっています。ただし、RC構造にすることでより安心した基礎といえるでしょう。意味はあります。コンクリートの性質は圧縮には強いが引張に弱い。ひび割れが発生し進行するのは引張に弱い為です。この引っ張られる力に耐えるのが鉄筋の役割です。鉄筋は引張に強い性質を持っています。コンクリートの弱点を補うことで強固な基礎と成り得るわけです。
Q. 鉄筋にフックは必要ですか?
A. 建築基準法上、基礎に関しての記述としては28条で基礎幅、基礎立上り寸法(GLから上と下の寸法)、縦筋と横筋は緊結すること、縦筋の径とピッチ、ベタ基礎ではスラブ筋の径とピッチが謳われています。これさえ守ればよく、フックをつけなさいという記述はありません。では、なぜフックを付けるという認識が植えつけられているのか。それはRC造では最上部の鉄筋にはフック必要とあるからです。住宅でも構造計算は本来必要です(現状、2階建ては提出義務が省かれているだけで本来必要)その構造計算方法はRC基準に則って行われます。もちろん鉄筋量の算出方法も例外なくRC基準の計算方法、形状となる。よってフックありとなるわけです。フックの役割は鉄筋とコンクリートの付着面積を大きくし一体化させること、コンクリートを拘束し鉄筋が引っ張られて抜けるのを防ぐ役割があります。BRS溶接ではシングル配筋でフックなし。付着面積こそ少ない気がしますが、実験上、フック付のコンクリートと同等以上の耐力を有していることが実証されています。(フック付と比較して約1.8倍)

緊結 コンクリートの拘束
BRS溶接 評定溶接により◎ 実験で耐力実証済みにより◎
フックあり 結束線により△ あり(耐力はBRS溶接よりおちる)○
フックなし 結束線により△ なし×
フックなし溶接 評定なし溶接により×(溶接部が弱くなる) なし×

Q. コストは?
A. 市中に出回っている鉄筋と材料は変わりません。(一部JISS規格製品でないものもありますがこれは問題外として)あとは結束線でくくることと工場で機械溶接することの比較となります。当然、溶接が必要になりますので鉄線と比べると高くなります。単純に材料費に溶接代がオンされます。ただし、工場生産によりパネル化されていますので現場の職人さんが組み上げる精度と比較すると間違いなく綺麗できちっと配列され整然とした配筋に仕上ります。(鉄筋が傾いていたり縦と横の歪みや結束不備がありません)コンクリートを流し込む前の姿により最終的な基礎の耐力は決まります。間違いなく耐力を発揮してくれる基礎となります。(あとはコンクリートをしっかりと打って欲しいと願うばかりです)。
Q. 基礎にはどんな種類がありますか?
A. 大きく分けて2種類(布基礎、ベタ基礎)あります。どちらも住宅を支える為に十分な形状、配筋となっております。基礎は外のコンクリートと中の鉄筋で形成されています。