住宅基礎用ダイヤレン

住宅基礎用ダイヤレンに関するお問合せはこちらから

住宅基礎用ダイヤレン ‐シングル配筋基礎用スリーブ補強筋‐

住宅基礎用ダイヤレン

住宅基礎用ダイヤレンは、3階建て以下の木質系(在来軸組講法・枠組壁工法)及び鉄鋼系(軽量鉄骨構造) 住宅等の布基礎及びべた基礎において、シングル配筋された基礎梁部分に設けられる貫通孔における孔 周囲に補強する開孔補強筋です。
補強計算は不要で、店舗等の基礎にも適用可能です。安全に施工できるスリム加工溶接「KS-F溶接」を採 用しており、シングル配筋に最適な重なりのない形状となっております。住宅基礎シングル配筋用既製スリ ーブ補強筋として初めてBCJ評定(一般財団法人 日本建築センター BCJ評定 -LC0150-01)を取得しまし た。

特長

KS-F溶接

・補強計算不要!1箇所に1枚付けるだけ

・安全・確実な施工で品質確保

・シングル配筋に最適な重なりのない形状

・安全に施工できるスリム加工溶接「KS-F溶接」(特許取得)を採用

・店舗等の基礎にも適用可能

適用範囲

(1)構造
・地上階数:3階以下、建築物の高さ:13m以下、軒の高さ:9m以下
・梁の種類:シングル配筋の基礎梁
・基礎梁の幅:150mm以上
(平成12年建設省告示第1347号の仕様規定を満足する場合は120㎜以上とする。)
・基礎梁のせい:420㎜以上(べた基礎)、540㎜以上(布基礎)
・コンクリート設計基準強度(Fc):18N/mm2 以上30N/mm2 以下
・基礎梁の主筋:D22以下

(2)貫通孔
・貫通孔の径(H)は、基礎梁のせいの1/4以下かつ、呼び径125Φ以下とする。
・連続する貫通孔の間隔は両貫通孔の平均径の3倍以上とする。
・縦並びの貫通孔は、その貫通孔径の合計(H1+H2)を基礎梁のせいの1/4以下とする。

製品の概要

製品の概要

施工例

段取り筋に取り付ける例 あばら筋に取り付ける例

お問合せ

住宅基礎用ダイヤレンに関するお問合せはこちらから